So-net無料ブログ作成

1文字、1文字が愛しい [恋しちゃってます!!]

先生が初めて私宛に書いてくれた文章。

 

出逢って1ヶ月後の私の誕生日のとき。

スイミングスクール生 全員に送るポストカードに

小さく書かれた数行のメッセージ。

 

この文章を書いたとき、

先生は私のことを はっきり覚えていてくれたのかなぁ。

 

書いてるとき、私のことが頭に浮んでいなかったとしても

時間を割いて書いてくれたことが嬉しい。

1文字、1文字が愛しいの。

 

次に私宛に文字を書いてくれたのは

最後の日の番号とアドレスを渡してくれたとき。

 

これは、本当に私宛に書いてくれた文字。

 

そう思うと、ものすごく愛しくてしょうがない。

 

ただ、電話番号を伝えるためだけに書いた数字も、

アドレスを教えるために書いただけのアルファベットも、

1つ、1つが愛しい。

 

こんなにも人が書いた文字に温かさをかんじたことはない。

 

誰が書いてくれた文字よりも、

どんなに時間をかけて書いてくれた文字よりも、

先生の書いた文字は私にとって大切なもの。

 

文字が書いてある紙も、インクも、

全部が愛しくて仕方ない。

 

手の届きそうで絶対に届かない存在だから、

こんな風に思ってしまうんだろうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。